緊張性頭痛・片頭痛

(11)緊張性頭痛・片頭痛
何日も頭痛が続く、頻繁に頭痛がする等の場合は、原因を調べる事が大切です。
頭痛や頭重感は体の病気が原因でなる事もありますが、ストレスや心の病気が原因となっている事もあります。
そういう事が原因で起こる頭痛には、緊張性頭痛や片頭痛等が挙げられます。

緊張性頭痛は周りから何かで頭を締めつけられるような鈍い痛みや、頭が重だるく感じるのが特徴です。
他にも、肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさ等を伴う事もあります。
原因には姿勢の悪さや目や肩の疲れ等、身体的ストレスから来る事もあれば、心配や不安などが頭部の筋肉を緊張させる等の精神的ストレスから来る事もあります。
片頭痛の痛みは脳血管の収縮と拡張が原因の一つとも言われ、脈拍に合わせたズキンズキンとした痛みが特徴です。
運動した後や緊張が緩んだ時等に痛んだり、光や音に敏感になったりします。吐き気や嘔吐を伴う事もあります。

強い頭痛が続く事で心身の緊張を強めたり気持ちが塞いだり、ストレスや不安な気持ちがさらに痛みを敏感にして悪循環に陥る等、ストレスや自律神経の乱れが原因の頭痛もあるのです。
このような頭痛や肩こり、腰痛等の体の痛みは痛み止めやマッサージでもなかなか改善しない事が多く、ストレスから来る自律神経の乱れを整える事で次第に痛みも軽減していきます。

.
ストレスによって起こる自律神経の乱れは、あなたの全身にあらゆる不調をもたらします。
一人で悩まず、今日堂薬局へお気軽にご相談ください。自律神経失調症専門・漢方薬専門の薬局です。
自律神経失調症の自己チェックはこちらへどうぞ。

Follow me!

漢方薬をのんでみたい方はこちらへどうぞ。

緊張性頭痛・片頭痛” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

不眠症

次の記事

起立性調節障害