疲れやすい・疲労感・倦怠感

(4)疲れやすい・疲労感・倦怠感
疲れや疲労がなかなか取れない原因には、まず、ストレスが挙げられます。
現代はストレス社会と言われるように、私たちの生活には日々、様々なストレスがかかっています。
例えば、仕事や勉強・人間関係等といった精神的なストレスはもちろん、過労や睡眠不足、激しい運動等の身体的なストレスがあります。
また、私たちが生活する中で天候や気温の寒暖差や湿度、紫外線や騒音、排気ガスやPM2.5等の生活環境のストレスもあります。
このように、ストレスの原因を挙げればきりが無いほどですが、強いストレスや持続的なストレスは自律神経に悪影響を及ぼします。
そして更年期のホルモンの乱れも自律神経を乱しますので、更年期を迎えた女性の約7割が疲れやすさや疲労感・倦怠感を感じると言われています。

自律神経は全身の機能に関わっていますので、疲労感・倦怠感にも強く影響があるのです。
血流が悪くなって酸素や栄養の不足や老廃物の除去がうまく行かなかったり、免疫機能に異常が起こったりします。
また、不眠など睡眠がうまく行かずに疲れも取れにくくなりますし、自律神経がバランスを崩した事で無駄にエネルギーを使ってしまいます。
そういった状態が重なって、すぐに疲れを感じますし、たいして行動もしてないのに常にだるさを感じるようになるのです。
そしてこういった疲れは寝てもなかなか取れません。それは根本原因である、自律神経の乱れが眠ったくらいでは改善しないからなのです。

.
ストレスによって起こる自律神経の乱れは、あなたの全身にあらゆる不調をもたらします。
一人で悩まず、今日堂薬局へお気軽にご相談ください。自律神経失調症専門・漢方薬専門の薬局です。
自律神経失調症の自己チェックはこちらへどうぞ。

Follow me!

漢方薬をのんでみたい方はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

肩こり

次の記事

頭痛(更年期障害)