動悸・息切れ(更年期障害)

(9)動悸・息切れ(更年期障害)
更年期障害では自律神経の働きが乱れる為に、人によって実に様々な症状が現われますが、動悸や息切れもその一つです。
これは加齢や運動不足からくる一般的な運動直後の動悸や息切れとは違って、運動の有無に関わらずドキドキしたり、息が苦しくなったりするのです。
別に運動したわけでもないのに起こる事がありますし、また場合によっては寝ている時に起こる事さえあります。

更にこの時期は家庭や子供の悩み、人間関係や周囲の病気、仕事や将来の不安等のストレスが重なりやすく、自律神経の乱れにより悪影響を与えやすい時期でもあります。
ストレスは自律神経の乱れを起こす原因となります。上手にこの時期を乗り越える為にも、できる限りストレスを感じず、上手に発散する毎日を過ごす事が大切です。
不安な方は一度検査を受けてみるのもお勧めです。更年期から来るもので心臓に異常が無いと解るだけでも安心できてストレスが軽減されます。

自分に合った漢方薬を取り入れる、自分の好きな趣味や運動等でストレスを発散する、とにかく楽しい事や嬉しいと感じる事により多く接する機会を増やす。
そして、体に負担を掛けないように上手に休養や睡眠をとり、入浴や音楽、アロマなどでリラックスを心がける事が大切です。
また、普段から深呼吸を取り入れるようにして、いざ症状が出た時にも深呼吸で鎮めるようにするのがお勧めです。古い空気をお腹からゆっくりと全て吐き出す気持ちで、静かに深呼吸すると良いでしょう。

.
ストレスによって起こる自律神経の乱れは、あなたの全身にあらゆる不調をもたらします。
一人で悩まず、今日堂薬局へお気軽にご相談ください。自律神経失調症専門・漢方薬専門の薬局です。
自律神経失調症の自己チェックはこちらへどうぞ。

Follow me!

漢方薬をのんでみたい方はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です