漢方薬は医薬品です。これは薬事法第12条第1項【製造業の許可】を得ています。
   ■ 漢方薬とは 

漢方薬は心身を一体のものとして考え、心身共に治療します。

 中国4千年の歴史の中から、多くの経験治療に基づいて発達してきた漢方薬学・医学です。

西洋医学では・・・病気を治す時、病気になった体を機械の部品のように個々に治します。
漢方藥学では・・・病気を治す時、からだ全体を見て,すべての調和を保ちながら治します。

 漢方は    の流れを正常にすることで病気を治します。
     ・・・経絡を通じて身体のすみずみまで行き渡る気の流れ
     ・・・血管を通じて身体全体に流れている血の流れ
     ・・・細胞の中の水分を含めた身体全体の水の流れ
 気・血・水の流れによってよどみが出来たり過不足になると病気になります。
 ■ 漢方医学の考え方
 「未病(みびょう)を治す」
 古来より漢方の考え方には「未病」即ち病気になる前に病気を治す、との考え方があります。今でいう予防医学です。
まだ病気にならない前の予防と、既に病気になってからの拡散防止があります。最も理想的なのは病気で倒れる前に、養生をすることです。
もちろん病気になったら重症にならないうちに速やかに治すことが大事です。
漢方医学は、漢方薬による治療と、針灸やあんま等による治療と同時に、食べ物による食事療法からなっています。

 「薬食同源」
これは食べ物と薬は同じ源泉から始まっている、という意味で自然の草根木皮や木の実等、自然のものを薬にしている漢方ならではの考え方です。薬膳はその象徴的な食べ物です。

「五味の調和」

 漢方では食べ物を五つの味に分けます。
甘い、辛い、酸っぱい、苦い、塩辛いの五つの味です。この五つの味の食べ物をバランス良く食べていくことが健康の源になるという考え方です。そうすれば、身体のエンジン部分である五臓六腑が健やかに養われます。


「自然との調和」

 現代人は恵まれた生活環境の中で、季節感さえもあまり感じられず生活しています。それでも実際には知らぬ間に自然(気候・風土など)や季節の影響を大きく受けています。
漢方の考え方には季節に逆らわず又、自然と調和した生活を送るのが最も良いと説いています。自然や季節に合わせ、その時の体調に逆らわず生活したいものです。

 「養生」
 人が病気になるのは身体の内や外からの原因で気・血・水のバランスが崩れたときです。安定した感情は、円滑な気血水の流れには不可欠です。
これにより体力は養われ、抵抗力が生まれます。ストレスを貯めないように適度に発散することは免疫力を高める上でも又、自律神経失調症予防の面でも大事なことです。
そして昔からよく言われる腹八分を守る。特に五十代になったら、食養(食物養生)は最も大事になります。今盛んに言われている生活習慣病を予防する基本になるのです。

 

相談料は無料です。お気軽にお問い合わせください。095-823-8805受付時間 9:00-18:30 [ 日曜・年末年始・お盆期間中除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

漢方薬をのんでみたい方はこちらへどうぞ。