めまい(更年期障害)

(11)めまい(更年期障害)
様々な原因で起こるめまいですが、更年期でもめまいの症状が現われる方が多く見られます。それはこの時期に女性ホルモンの分泌量が急激に減る事で、自律神経の働きが乱れてしまうからなのです。

加えてこの時期は丁度、家庭や子供の悩み、人間関係や周囲の病気、仕事や将来の不安等が重なりやすい時期でもあり、それらのストレスも自律神経に悪影響を与えてしまい、更に症状を引き起こしやすくなるのです。
ストレスによる負担や不調を軽くする為にも、これらの問題は一人で抱え込まず、周りの人に相談して、自分が出来る事を出来る順にやりながら、多くの人に協力してもらうと良いでしょう。

更年期のめまい症状では、雲の上を歩くようなとも言われる、ふらふら・ふわふわする動揺性のめまいが多く見られます。
他にも、目の前がぐるぐる回る回転性のめまい、目の前が真っ暗になる・気が遠くなる失神型のめまい等の症状があります。耳鳴りや吐き気などの症状が同時に起こる事もあります。
こういった症状が起こるようになれば当然、不安になります。いつ症状が起こるかもわかりませんから、家事や仕事がうまく回らなくなったり、出先で倒れたら等の不安でお買い物など外出を控えるようになったりします。

対策としては、症状を感じたらすぐに安静にする事です。しゃがんだり何かにもたれたり、出来るなら椅子に座るとか横になる等、症状が治まるまで安静にします。
何かにぶつかるとか転倒する等で、怪我をしない事が第一です。

あと大切なのは普段からの心がけ、自分に合った漢方薬を取り入れる、ビタミンやミネラル等バランスの良い食生活をおくる、イソフラボン等を上手に取り入れるのもいいですね。
そして、自分の好きな趣味や運動等でストレスを発散する。適度な休養や睡眠、入浴や音楽、アロマなどを生活に取り入れてリラックスする等、上手にこの時期と付き合って行きたいものですね。

.
ストレスによって起こる自律神経の乱れは、あなたの全身にあらゆる不調をもたらします。
一人で悩まず、今日堂薬局へお気軽にご相談ください。自律神経失調症専門・漢方薬専門の薬局です。
自律神経失調症の自己チェックはこちらへどうぞ。

Follow me!

漢方薬をのんでみたい方はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です